人間が暮らす上で様々な資源が消費されています。

洗濯から節約を見直そう

洗濯から節約を見直そう

洗濯から節約を見直そう 人間が暮らす上で様々な資源が消費されています。その中で心がけ次第で最も結果が変わるのが水です。朝起きて洗面をして、煮炊きにして、シャワーを浴びて私たちは水資源を消費します。日本人はとかく水を無料だと思いがちですが、家計を預かったことのある主婦であればそんな思いはないでしょう。それ程に水はお金がかかります。

この水を節約する上で最も試して欲しいのが洗濯での節約です。洗濯時に消費される水は生活で消費する水の大半を占めているのです。最近の洗濯機は水効率が良くなりましたが、それでも大量に水を消費していることは変わりません。この水の大量消費を辞めるには手洗いでの洗濯に戻ることが有効です。

今時手洗いなんて、と思うかもしれませんが、手洗いにしたところで洗濯に費やす時間はそんなに増えません。家族分の衣類を洗うとなると流石に手洗いでは大変ですが、一人暮らしなら手洗いで十分です。手洗いの場合、電気代は勿論ゼロですし、水の使用量も3分の1以下に抑えられます。これは大変エコな試みですし、水道代も圧縮できます。さらに手洗いのメリットは衣類を傷めないということです。最近の廉価な衣類製品は洗濯機などの振動を与えるものには弱く痛みやすかったり伸びてしまうのですが、それが手洗いだとありません。

関連リンク

Copyright (C)2016洗濯から節約を見直そう.All rights reserved.